'04 Mr.Olympia in Las Vegas

 

 3回目に見に行ったミスターオリンピアです。今回は新婚旅行も兼ねていた?のですが、嫁には不満が残る旅行だったかもしれませんね。そして、帰国した翌日が結婚式だったような気がします。

 それでは、オリンピアウィークエンドを見て行きましょう。

 

 ラスベガスに着くまでの画像ですね。飛行機からかな?富士山?ラスベガスは本当にショーの街って感じです。

 

 ミート・ザ・オリンピアンです。マイナースポーツなだけに、簡単にサインとか記念撮影できるのは良いですよね。選手の人気が一目で分かります。ロニーの腕太いっす!!

 そして、オリンピアスタートです。毎回、ステージデザインが違うのは良いですね。
昔、今以上にマニアな頃はステージ見ただけで何年か言えましたね。顔見なくても身体だけでビルダーの名前も分かりましたしね。今でも、何人かは分かりますね。まだまだ、マニア?

 

 女子のボディビルとフィットネス、フィギュアです。レンダ・マーレーさんの身体は甘くて小さくなっている気がしました。 フィギュアの優勝者の方は綺麗だと思いましたね。顔が良いから優勝?フィットネスもフィギュアも、私には何故その人が優勝か分かりません。

 

 男子のプレジャッジです。やはり、ロニー・コールマンとジェイ・カトラーの一騎打ちって感じでしたね。やっぱりロニーは凄かったです 。しかし、手ぶれしまくりの酷い写真が多いですね。興奮していたのか?

 

 エキスポでスタローン発見。ロッキーだ!ランボーだ!!私の小中頃のヒーローでした。小顔なのが意外でした。もちろん、サインを奪い取りました。ちょっと触れました。興奮して連写ですね。

 

 激痩せしたケビン・レブローニ発見。今は俳優しているみたいですね。悪役メインみたいですね。

 

 司会はプロレスラーのHHH(トリプルH)さんです。彼はかなりのボディビル好きみたいですね。昔、客席にいるのも見たことがあるような気がします。

 

 男子のフリーポーズですね。やはり、一人ずつで見たときの迫力はロニー・コールマンが圧倒的でした。いつも、何故マーカス・ルールが低く評価されるのかは私には よく分かりません。

 

 ステージにスタローン登場。スピーチの声もスタローンでした。本物だ!

 

 この回に初のチャレンジラウンドというのが行われたため、先にトップ6の発表です。そして、現在のトップ6の順位も発表されました。

 

 チャレンジ・ラウンドです。フリーポーズを終えた時点でのトップ6が、6位の人から順番に得意な1ポーズでそのほかの選手と1対1で比較を受け、順位を競うものでした。その後、選手にも観客にも不評立ったという話でしたが、現場にいた私としてはなかなか盛り上がっているなと思っていました。

 これで、得したのがグスタボ・バデルでデキスター・ジャクソンを抜いて一つ順位を上げていました。デキスターさんもグスタボさんにマスキュラーで比較されようとしたのが間違いでしょう。フレームが大きくないんだから広げるポーズとかでプロポーションの良さをアピらないと、と思いました。

 

 そして、ロニー・コールマンさんが優勝しました。この回のオリンピアはエキスポにシルベスター・スタローンが来ているし、司会がプロレスラーのトリプルHで、表彰にアーノルド・シュワルツェネッガーが来ているし、有名人出まくりでしたね。

 幼少時代からのスタローンファンの私にはとてもエキサイティングなコンテストでした。奥さんはどうか分かりませんけどね。

 

 コンテストが終わると選手の皆さん、会場へ降りてきて大騒ぎの大サービスでした。近くで見ると、更に凄い身体ですよ、ボディビルダーさんは!!!

 ということで、新婚旅行のオリンピアでした。