'96 日本ボディビル選手権大会

 

 3回くらい、日本選手権は行っている気がするのですが、写真に残しているのはこれだけでした。この時、絶好調だった、ナッサー・エル・サンバティー選手が来ているので撮ったのかな?

 

 この方が、ナッサーさんです。この頃はドリアン・イエーツの全盛期で、ドリアンさんにサイズで勝っていたのがこのナッサーさんです。フロントでは勝っていると言われていましたが、背中からのバックポーズの迫力が無いのが欠点で、結局2位止まりでした。っていうか、この後、あんまり改善も無くトップクラスに残れず、ボディビルシーンから消えて行っちゃいましたね。最近は、プロコンテストにも出ていないですよね。

 

 ミスター日本です。この時は小沼選手が連覇していた頃ですね。なんか、ずっと勝つことが決まっているような感じでしたね。僕としてはそれほど好きな身体ではなかったですが・・・。でもまあ、この写真で並んで比較しているところを見るとそうかな?って感じですね。
 ミス日本は水間選手ですね。
 小沼選手のDVDで見ると、人の良さがにじみ出ている人ですね。回転寿司でメジマグロばっかり食べたり、コンビニから出たとたん買った物を食べたり、マッスル北村さんもそうですが、ちょっと昔の日本のトップビルダーってちょっと変わった人が多いのかな?って思いますね。面白いですよ。

 

 ナッサーさんのゲストポーズです。でかかったですよ。この人、人柄が良くてサービスが良かったですね。自分の写真とかグッズを売ったりされていたのですが、シャツが売り切れて、最後のお客さんが欲しいって言ったら、自分の着ているのをあげていました。
 スポーツ・マネジメント・スクールで言っていたと思うのですが、スポーツを見に来る人は異能な選手が異常なプレイをするのを見て非日常を味わうためにお金を払うものだから、スポーツ選手は一般人らしくしては価値が下がるのでダメってことみたいですね。やな奴ではダメですし、一般人らしくてもダメです。この人、きちんと出来ていますね。
 Jリーグの選手はメディアトレーニングしているらしく、バラエティ番組はあんまり出さなくしているみたいですよ。
 ボディビルダーなんて身体が超異常ですから、ボディビルは非日常を味わうにはもってこいですよね。メジャースポーツになる資質のある競技だと思うのですが・・・。

 以上、懐かしいミスター日本でした。